フライフィッシング ショップ 通販 初心者 入門者 ヨーロピアンニンフィング  格安逸品バンブーロッド通販

イマージャー

イマージャー(イマージング)

soft hackle

イマージャーは、捉えどころのないフライ??

■イマージングとはニンフ(幼虫)が水底から水面に浮上する様のことで、幼虫から成虫になるその過程の状態のことです。ニンフは脱皮をしながら水面を目差しますので、その殻(シャック)を引きずりながら水面の表面張力を破り羽化することもしばしばあります。
その過程をうまくフライ(毛鉤)に表現したものが、イマージャーと呼ばれるフライです。かげろう(メイフライ)が羽化に失敗し、翅を半分出した状態や翅が開かずによじれた状態もイマージャーと呼びます。

カディスもイマージングガスを体にまとい浮上しますので、その形態を模したフライもイマージャーといえばイマージャーです。カディスピューパを表層付近でスイングさせたりするのも、イマージングといって言いと思います。

■つまり、水生昆虫は幼虫から成虫に変わる時に実にさまざまな形態になるんですね。

シャックをうまく表現したフライもありますし、ソフトハックルなどで動きをうまく出したフライもあります。ウイングが縒れて水面にべったり付いた状態を模したものも、イマージャーですし、また、ニンフフライをそのままイマージングするなどもあるようです。
フローティングニンフも、イマージャーだと私は思います。

イマージャーというフライの考え方

他のフライの分類と違い、イマージャーという概念は、水面でも水面下でもその形態を言葉で表現する時のものだと私は捉えています。

■不完全な状態

メイフライダンでもニンフでも、カディスアダルトでもピューパでも、ユスリカでもその形態が不完全である状態のもの。

・脱皮に失敗し、羽がよじれていたり、ケースから出きらずにいる状態(水面直下)
・脱皮に成功したが、水面から飛び立てずに羽が水面に張り付いてしまっている状態(水面上)

■羽化しようとしている状態

・羽化しようと、水底から水面を目指し浮上ている状態
・羽化しようと、水面直下でくねくねと動いている様
・羽化しようと、水面にボディーが半分でている状態
・羽化しようと、ボディーだけが、水面に沈んだ状態
・羽化しようと、水面でシャックを引きずっている状態

などが、イマージングしていると考えます。

釣り方

この分野はフライフィッシングの中でも難しい釣り方になると思いますが、魚にとっては一番捕食しやすく、食欲のそそる状態といえるでしょう。ですからこの釣り方を学ぶとよりフライフィッシングの面白さと奥深さを知ることになるでしょう。

画像の説明

■釣り方も様々ですが、流速の遅いプールなどでは表層をスロースピードで滑らす方法は効果的です。この場合キャスト後にロッドを水面近くまで降ろし、ゆっくりとロッドを上げていきます。ニンフが水面に浮上するイメージです。魚がディンプルライズを繰り返している場面にはとても有効な方法です。ライズの向こう側にソフトプレゼンテーションし、ゆっくりとライズの上を通過させると、フライが合っていれば魚は堪らず食いついてくるでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional